パワハラ 厚生労働省

Sponsord Link


パワハラ対策に本腰入れる厚生労働省

パワハラが社会問題としてクローズアップされると同時に、パワハラを原因とする精神的苦痛や身体的傷害、さらに不当解雇や退職勧奨に対する訴訟が全国的に増えています。
こうした現状から、厚生労働省もパワハラ専門のホームページを立ち上げるなど、パワハラ対策に積極的に取り組んでいます。
専門のホームページでは、パワハラ関連の情報を随時提供するとともに、働く人たちがパワハラの加害者、被害者という当事者にならないためのアドバイスから、パワハラが発生しないために会社が取り組まなければならないポイントなどを解説しています。

 

厚生労働省の旗振りでパワハラによる労災認定が急増

また、厚生労働省が監督する外局の労働基準監督署においても、厚生労働省のこうした積極的なパワハラ対策の意向を受けて、パワハラを労災認定するケースが増えてきたように感じます。
労働行政全体でパワハラ撲滅に取り組んでいるという印象が、強くなっています。
これは、パワハラが単に職場の問題ではなく社会問題であると行政も認識しているということの現れでもあります。
パワハラによって自らの命を絶った方々もいらっしゃいます。
職場のいじめは、学校のいじめと同質であるという問題意識が社会、そして行政にも強まったことが、厚生労働省の姿勢からも見て取ることができるのではないでしょうか。

 

パワハラの対策で役立てたい厚生労働省のHP

さまざまなパワハラの情報を提供している厚生労働省のホームページですが、特に確認しておいていただきたいのは、困った時に相談する窓口を紹介している相談機関一覧です。
ここでは、パワハラ対する専門の相談機関を紹介していますので、身近なところでは、どこが窓口になっているのかを是非、確認しておいてほしいと思います。
自身がパワハラを受けたときはもちろん、パワハラについて同僚や友人から相談を受けたときに役立てて下さい。

Sponsord Link