パワハラ 退職

Sponsord Link


退職して泣き寝入りする前にパワハラに立ち向かってみよう

職場のいじめなどのパワハラで退職したという方は少なくありません。
退職という泣き寝入りのごとく事態に追い込まれて、悔しい思いをしている方は結構多いのです。
パワハラによって退職に追い込まるケースは、上司や同僚からのいじめによる精神的苦痛を理由とするのが大半です。
また一方、今日的に社会問題化しているブラック企業などに見られる組織ぐるみのパワハラです。

 

早い段階で相談すればパワハラによって退職しなくて済むケースも

上司や同僚のいじめによる精神的苦痛から退職するケースでは、まず初期の段階で相談する人がいなかったという報告があります。
精神的苦痛によって心療が必要な精神疾患に陥る前に何らかの手だてがあれば、退職しなくて済むことが多いのです。
こうしたケースでは初期段階に適切な公的機関に相談する、もしくは社内で相談する相手を見つけるなどの自己防衛を行うとともに、会社自体も解決に向けた取り組みを積極的に行うべきでしょう。

 

ブラック企業によるパワハラで退職したケース

またブラック企業などによる組織的なパワハラの場合は、自己都合で退職へと追い込むことを目的としていますので、こうした場合は必ず公的機関に相談するべきです。
このケースでは、ほぼ100%労働基法に抵触する違法な行為が行われたと考えて間違いありませんので、決して一人で悩まずに公的機関に相談しましょう。

 

パワハラが解決した後の適切なフォローで退職する人も減る

相談がとても大切なのですが、公的機関などに相談して加害者や会社と和解しても、結局のところ居づらくなって退職するという方が多いのが現実です。
このあたりのフォローを公的機関などが、どこまで出来るのかが今後、パワハラと向き合っていく上での大きな課題になっています。
会社への改善命令などの行政的措置はもちろん、NPOなどの民間救済機関などが果たす役割もこれからは大きくなってくることでしょう。

Sponsord Link