パワハラ 上司

Sponsord Link


上司の意識しだいでパワハラは防ぐことが可能なのです

職場内で起こるパワハラは、なにも上司が加害者になるばかりではありません。
同僚同士でも優位性によるいじめの場合はパワハラになります。ただ現状では、上司によるいじめがパワハラの大半を占めています。
ここで考えなければならないことは、上司として管理者になった人が、どのようなマネジメントを行えばパワハラになって、どのようなマネジメントならばパワハラを防止できるのかを上司自身がしっかりと意識しなければパワハラはなくならないということです。

 

パワハラが生まれないために求められる上司のマネジメント

上司として部下をもったときに、まず意識しなければならないことは、上司も部下も対等に意見が言える雰囲気をつくることです。
上司は部下の教育と与えられた業務がスムーズに遂行できるように指揮することが大切なマネジメントになります。
同時に自らの啓発的な取り組みとして、自己の発言や業務遂行の指揮などのマネジメントがパワハラの要因になっていないかを常に意識することです。
これば上司自身に与えられたマネジメントの一つであり、また上司としての責務でもあるのです。

 

上司は常に自問自答しながらパワハラに該当するか言動をチェック

会社行うパワハラ防止の研修はもちろんですが、上司として管理職になった以上は、自己啓発の一環として、私費を使ってでも公的機関や民間コンサル企業が主催するパワハラ予防の研修に積極的に参加することをお奨めします。
パワハラは上司自身が気づかないところで、進行するとの考えをまず持っていただきたいと思います。
いきなり公的機関の調査員の方がこられて、パワハラについて聴取されるということも少なくありません。
そうしたことがないように、常に自身の言動がパワハラに当たらないかどうかを第三者的にチェックすることが重要であり、また健全な職場つくりには欠かせないことなのです。

Sponsord Link