パワハラ 対策

Sponsord Link


企業にとってパワハラの対策は重要な経営課題の一つです

パワハラの対策をしっかりと行うことは、今日的には企業の社会的責任として位置つけられる重要な経営課題の一つになっています。
一つのパワハラが契機となって、会社の業績が下降線をたどる、または社会的信用を失くす、さらには倒産という最悪の事態にまで発展したケースは少なくありません。
それだけに経営者にとって、職場環境や職場の人間関係を良好に保つことは、会社の存続そのものであると言っても過言ではないのです。

 

パワハラの対策のポイントは三つ

会社で実施するパワハラに対する対策として、まず予防の対策、そして発生時の対策、
最後に発生後の対策の3つの対策がポイントになります。
予防の対策としては、社員研修によってパワハラを経営者はもとより全社員が理解すること、さらに社内に相談窓口などのセクションを設けたり、パワハラをチャックする専門の社員を配置することなどが挙げられます。
そして発生時の対策としては、問題解決を図るための第三者委員会による調査の実施と解決策の策定です。
発生後の対策としては、調査結果と解決策による結果の公表ならびに今後の防止策の策定ということになります。

 

早く着手すれば効果が高いパワハラの対策

また、対策というのは、早く着手すればするほど効果がありますので、すべてが整わなくても、出来るところから順次、すみやかに実施していくことがパワハラ対策には必要です。
組織的な対策については、時間と知識が必要になってきます。
労働基準監督署などの公的機関や、専門家のアドバイスも参考していただきたいと思います。

 

経営者が姿勢を明らかにすることもパワハラの対策に不可欠

一方、組織的な対策とともに、経営者がパワハラは許さないというメッセージを社員に送ることも、パワハラ対策に大きな効果があります。
経営者自らが断固として許さないという強いメッセージを送ることで、職場の風とおしが良くなりますので、経営者の方、または上司の方々が自ら、パワハラに対する姿勢を明らかにすることが非常に重要なのです。

Sponsord Link