パワハラ 訴え方

Sponsord Link


訴え方で変わるパワハラの問題解決

上司や同僚からパワハラを受けたときの対応として、我慢するという人がたくさんいるのが現状です。
相談するという人が続き、パワハラの相手に自身の考えや感情を訴えるという方はすくないようです。
組織ぐるみのパワハラの場合は、一人で立ち向かうのは得策ではありません。
しかし、同僚などとの一対一の場合は、自己主張するべきでしょう。
ただ、自己主張をするにも、訴え方は考えなければなりません。

 

上司にパワハラを抗議する場合は相談するという訴え方がベター

パワハラの相手が同僚の場合の訴え方は、ストレートで良いでしょう。
ただ、相手がどのよな性格なのかも理解して、自己の考え方を伝えるようにすることが大切です。
相手によっては、主張するというよりも、相談するという訴え方がより効果的な場合があります。
例えば、同僚の中でもリーダー格のような人に対しては、この相談するという訴え方がベターです。
上司の場合は、どうでしょうか。
上司の場合は、特に相談するという訴え方が無難です。
相談するという形をとることは、相手を立てていることになりますので、相手も聞く耳をもちやすくなります。
パワハラに対する相手への訴え方は、挑戦的でない方が、事を大きくしないですコツと言えます。

 

公的機関への訴え方を知っていればパワハラ被害の防止に役立ちます

それでは、ブラック企業などで見られる組織ぐるみのパワハラの場合はどうでしょう。
この場合は、毅然とした形で訴えることが大切です。
訴え方は、自己主張することや抗議することとともに、公的機関をとおして、相手に自己の主張や言い分を伝えるということも含みます。
公的機関とは、労働基準家督署や、都道府県が設置する労働相談所、弁護士会、裁判所ということになります。
公的機関それぞれ訴え方は異なりますが、こうした公的機関をとおしてパワハラによる会社との紛争に終止符を打つことも、問題解決の一つの方法です。

Sponsord Link