パワハラ チェック

Sponsord Link


パワハラの発生要因をチェックする体制を社内に構築しましょう

職場でパワハラが生じないためには、常に職場内の人間関係を良好に保ち、全員がパワハラに対する理解を深めておくことが必要です。
パワハラは、どのような条件や環境によって生じるのかを社員全員が共有しておくことも、予防に欠かせない重要なポイントです。
厚生労働省では、パワハラにつながる要素が職場内に存在しないか、また個人個人がパワハラの原因になる素地がないか、などをチェックするホームページを開設しています。

 

厚労省のHPを活用してパワハラをチェックしよう

厚生労働省が開設するパワハラ対策のホームページ「明るい職場応援団」にあるチャックリストでは、管理者つまり上司である方々がパワハラの加害者になっていないか、パワハラが発生する要因や要素が職場内に存在しなか、などの4つのポイントにわけてチェックできるようになっています。
管理者の方、また経営者の方は是非、チェックしておいていただきたいと思います。

 

第三者によるチェックもパワハラ防止に効果があります

パワハラは会社全体で常にチェックしながら、どこに問題点があるのかということを洗い出して、会社全体でパワハラを発生するリスク要因を共有することで防ぐことができます。
このチャックにしても、常に同じ内容をチャックするのではなくて、外部のコンサルタントなどの識者を交えて、第三者的にチャックしておくとが、より防止効果が高いと言えます。

 

パワハラ防止に活用したい公的機関のチェックリスト

中小の企業では、コンサルなどを交えた第三者機関を設けてチェックすることは、経費的にも時間的にも難しい面があると思います。
厚生労働省のホームページを活用するのもよいですし、さらに各都道府県にある労働基準監督署ならびに、各都道府県や市町村に設けられている労働相談の窓口では、パワハラ防止の一環としてのチャックの方法などを指導していますので、利用するとよいでしょう。

Sponsord Link