パワハラ 学校

Sponsord Link


意外にも学校で横行するパワハラ

会社の職場以外に大学でもパワハラが横行しているとの指摘があります。
それでは大学以外の教育機関ではどうでしょうか。
実は小学校や中学、高校などの学校における校長と教頭、さらに教員同士のパワハラも顕在化しているのです。
学校というといじめ問題がクローズアップされて、校長や教頭のパワハラというのはあまり知られていないと思います。
マスコミで報道されるような事件になっていないことが多いためです。
しかし、実際の学校の現場では、一般の企業と同様にパワハラが行わています。

 

校長と教頭そして教員同士でも学校で横行するパワハラ

学校はご存知のように校長をトップに教頭、主任の職位があります。また教員についても臨時教員や非常勤講師などがあります。
また、職位はあるものの一般企業と違って、学校は校長だけが飛び抜けていて、あと教頭や主任、一般の教員はほぼ同列になった組織になっています。
鍋ぶた組織と言われるのもそのためです。
このため校長から教頭へ、または主任や一般職員に対するパワハラが行われやすいのですが、教員同士でもパワハラが生じています。

 

外からはパワハラが見えない学校という特殊性

また、学校でのパワハラは一般企業やブラック企業のそれとは多少ことなります。
その行為のほとんどが精神的に苦痛を与える攻撃と、仲間はずれによる人間關係からの切り離しです。
仲間はずれにするパワハラは企業でも見られますが、特に学校に多いのが特徴になっています。
教員同士の輪から、距離を置かれている教師というのは、外からは確認できないことですが、案外多いのです。

 

人間關係が生み出すパワハラは学校も例外なく

それでは、なぜ学校でもこうしたパワハラが行われるのでしょう。
しかもいじめを正す教員がパワハラ行為を行うことは、信じられないことです。
しかし、考えてみてください。
学校も人間の關係によって成り立っている組織です。
人と人との關係が存在する以上は、パワハラは避けられない關係性が生み出す膿なのかもしれません。

Sponsord Link