パワハラ 防ぐ

Sponsord Link


パワハラを防ぐことはいじめ問題の解決にもつながります

会社はじめとする組織はもとより、集団の中で優位的な立場の人がその優位性を根拠にして、繰り返し他人に嫌がらせをする、または繰り返し身体や精神に苦痛を与えるという行為、今日的な表現ではパワハラと呼ばれる行為を防ぐには、どうすればよいのでしょう。
このパワハラは、学校でいじめが生じる原因と根っこは同じと考えてもよいと思います。
学校や子供たちのいじめはなくなる気配がありません。
それでは、社会のすみずみで生じているパワハラと呼ばれる大人のいじめも、防ぐことができないのでしょうか。

 

パワハラは關係をいったん白紙に戻すことで防ぐことができます

パワハラを防ぐことができれば当然、学校でのいじめの防止にも応用できます。
パワハラをはじめとするいじめというのは、他人との関係性が崩壊することによって顕著に現れてきます。
それでは、この関係性が崩壊する一歩前で、関係を自ら断つ、もしくは関係性を薄くすることによって、関係が崩壊しパワハラへと深刻化していくことを防ぐことができるのではないでしょうか。
逃げの一手のように思われるかもしれませんが、損傷した関係を修復するには、当事者相互の相当のパワーが必要ですので、関係をいったん白紙に戻す方が、当事者の負担は格段に軽く済みます。

 

關係をリセットしてパワハラを防ぐにはクリアすべき課題も多い

具体的には、職場の場合は、関係性が修復不可能で、崩壊しそうな場合に、その手前の段階で異動や転勤という配置転換するなどの方法です。
一緒に仕事をしない環境を会社が用意することで、決定的な関係の崩壊は免れることができます。最悪のパワハラを防ぐことができるのです。
一方、問題は、職場の中の人間関係を監視し、各人の関係がどのような状況にあるかを把握することは至難の業です。
さらに、関係がどのレベルで崩壊するのか、また崩壊の一歩手前というのは、どのように判断するのかというクリアしなければならない課題があります。

Sponsord Link