パワハラ 不眠症

Sponsord Link


パワハラが原因の不眠症は放置しているとうつ病になる可能性が

厚生労働省がホームページで示しているパワハラの行為の6つ類型を見ると、身体的な攻撃以外はすべて、精神的な苦痛を与えるものです。
具体的には、精神的な攻撃、人間関係からの切り離し、過大な要求、過小な要求、個の侵害となっています。
これらの行為によって受けた精神的ダメージは、まず夜眠れない、つまり不眠症という形で現れてきます。
この時点で、公的機関もしくは心療内科などに相談に行くことが、深刻化しないためにも重要です。

 

パワハラによって受ける精神的な苦痛は不眠症になって現れます

パワハラによって不眠症になった方は、その後、問題が解決することで眠れるようになったという方がいる半面で、実際には実に多くの方が、うつ病になっています。
うつ病になってからはでは遅いのです。
中にはたかがパワハラ、社会人ならだれでも一度は経験するものだから大丈夫とタカをくくっていた人が、重度のうつ病になるというケースも少なくありません。
それだけパワハラによってうける精神的なダメージというのは意識しようが、しまいが、心の奥深くまで傷つけてしまうのです。

 

不眠症はパワハラによる精神的ダメージの黄信号です

パワハラを受けていることを自覚していない方もいます。
こうした方もうつ病になりやすい傾向を示しています。
眠りが浅い、または布団に入ってもなかな眠れないという症状を自覚したときは、すでに不眠症になっていると考えた方がよいでしょう。
もう一度指摘しておきますが、パワハラからくる不眠症はうつ病へと深刻化するステップの初期段階です。黄信号が点滅していると思ってください。

 

相談することが不眠症の解消とパワハラの解決の最善策

不眠症になったら、パワハラが原因なのか、それとも仕事の疲れやストレスが原因なのか、自己判断しないことです。
パワハラに対しては、自己で対処できることとできないことがあります。
そのままにしないて、家族や友人、または公的機関、民間の救済窓口などで必ず相談してください。

Sponsord Link