パワハラ 復職

Sponsord Link


パワハラによって休業を余儀なくされたケースでの復職は課題山積

職場でパワハラを受けて、精神的なダメージから休職するケースは珍しくありません。
また、会社ぐるみのパワハラで休職を強要された方もいます。
ほとんどの方が休職を経て、結局のところ退職してしまうというのが現状になっています。
会社もしくは上司と和解して、復職するケースでは、復職後はどのように同僚や上司と接したらよいのでしょう。
もちろん、和解の内容にもよりますし、会社の雰囲気や上司の性格というものも、復職後の対応の仕方を大きく左右することになります。

 

安易な復職はパワハラ被害を大きくするだけ

まず、パワハラの加害者とわだかまりなく完全に關係が修復できたので、復職するという場合は、問題ありません。
ただ、こうしたケースは稀です。
大半が、表面上の和解にとどまっています。
表面上の和解の場合は、關係が修復されたとは言い難く、復職しても露骨ではないにしてもパワハラが再度、繰り返される恐れがあります。
こうした状態での復職は本人にとってはたいへん苦痛を伴うものになります。
復職したこと自体が、ストレスになる可能性が高いのです。
安易に復職するのは、考えものだと言っても良いと思います。

 

復職よりもパワハラからのダメージ回復に全力を

また、完全に關係が修復されていても、パワハラが被害者にとってトラウマになっている場合も、復職は歓迎できません。
復職することで、被害者の本人が意識しなくてもトラウマがひどくなってくることもあるのです。
精神的なダメージというのは、意識とは別のところで深刻化しますので、パワハラがトラウマになってしまった方には復職はお奨めできないのです。
それでは復職しなくて、退職した方がベターなのでしょうか。
パワハラが横行する現状の会社を見る限りでは、退職して精神的なダメージの回復に注力することが将来のためにも、ベターだと考えられます。

Sponsord Link