パワハラ 裁判

Sponsord Link


パワハラの問題で裁判は最終的な解決手段です

ちょっとした感情のもつれがきっかけとなって、上司や同僚との間に溝ができて、それがパワハラへと変貌していくということが、よく見られます。
最初は、ほんの些細なことだったのかもしれません。
しかし、パワハラへと変貌していくことによって、泥沼にはまる不毛な争いとなって、最後には裁判でしか解決できないという最悪の状態になることが、多くなっています。
社会におけるさまざまな紛争を解決する手段は、調停や仲裁、和解など社会は、解決手段を制度化していますが、裁判は最終の解決手段なのです。

 

パワハラによって被害受けた方の救済は裁判だけではありません

また、こうした当事者同士の裁判とともに、パワハラによる労災の認定をめぐる裁判も多くなっています。
また、パワハラ関係の裁判で注目されるのは、会社の安全配慮義務を争点とした裁判です。
パワハラという行為は、行為の態様から被害の状況、さらに被害者が求める救済の内容によって、裁判における起訴内容や請求内容は多岐にわたります。
裁判が多くなっているということを逆に見ると、当事者間や会社、さらに公的な機関では、問題を解決することができない深刻なパワハラが多くなっている、ということも言えるのではないでしょうか。

 

期待される裁判しなくてもパワハラが解決できる社会

本来ならば、裁判になるまでに解決することが望ましいということは指摘するまでもないでしょう。
裁判になると、どうしても生活や仕事を犠牲にする余分なエネルギーが必要になります。
時間や費用という面での負担もばかになりません。
出来るだけ、早い段階で解決できるように、社会的な支援が必要でしょう。
職場のパワハラについては、やはり会社のパワハラに対する姿勢が今後、ますます問われてくるでしょう。
裁判という最終手段を使わなくても、パワハラを解決できる、そんな社会の到来が期待されています。

Sponsord Link