パワハラ 転職

Sponsord Link


パワハラで転職を選択するのはさい最善策なのでしょうか

引き抜きや、待遇の良い会社へ転職するときは、将来が明るく輝いているように思えてうれしいものです。
しかし、パワハラを受けて、我慢できずに転職という場合は、やはりブルーになりますし、何よりも転職先を探す就職活動にも力が入りません。
このようにパワハラを受けて、その苦痛に我慢できすに転職する人、またはパワハラ問題は解決したものの居づらくなって結局、転職を余儀なくされる人というのは、結構多いのです。

 

転職か否かはパワハラの本質を判断材用に

パワハラを受けて、その後、問題が解決して加害者と被害者が和解したとして、この場合に被害者は転職するのがベターなのでしょうか。
残るか、去るかの選択をどうするのか、という問いに対して、答えを出すことはとても難しいことです。
この問いに対する答えは、パワハラがどのように解決し、そしてどのような和解になったのか、ということが選択の大きな判断材料になります。

 

パワハラによる人間関係の崩壊は転職を選ばざるを得ません

こうした社内の人間関係の問題というのは、パワハラの問題にかぎらずほとんどの場合、表面的な解決で終わります。
人と人との関係の修復というところまで踏み込んで解決することは、会社も公的機関であってもしません。
ブラック企業やリストラ誘導のための組織ぐるみのパワハラは別にして、上司と部下といった個人間に生じたパワハラは、その関係の修復が、解決の本質なのです。
この本質が解決していないのなら、いずれかが転職という道を選ばざるを得ないことになります。

 

中小企業で多いパワハラでの転職

結局のところパワハラは、人間関係の崩壊なのです。
法的に、または行政的に解決されたとしても、崩壊を元に戻すことは出来ないのです。
転職するなどという事態は避けるべきだという意見もありますが、関係が崩壊している以上、転勤が可能な大企業は別にしても中小の会社では、転職はやむを得ないというのが現実なのです。

Sponsord Link