パワハラ えこひいき

Sponsord Link


えこひいきはパワハラが生じるプロセスの大きな要素です

パワハラは、結局のところ人間關係の齟齬からはじまるということが指摘されいます。
さて、それでは、職場において人間關係の齟齬はどのようにはじまって、パワハラが生じるのでしょうか。
そのプロセスにもっとも関与する大きな要素として、えこひいきが挙げられます。
つまり、上司と部下をはじめとする優位である者と劣位にある者の關係は、親方と弟子という徒弟制度で説明することができます。

 

感情のもつれからパワハラに発展する背景にはえこひいきがあります

一人の親方に弟子が数人いる場合、親方は公平に扱っていても、弟子の受け取り方は違います。
弟子の間では、親方の信頼を得ようとする心理的な熾烈な競争が繰り広げられています。
このため、親方の些細な言動で、あいつはえこひいきされている、という感情が生じやすいのです。
えこひいきという感情が沸き起こると、えこひいきされている弟子、されていない弟子との關係に齟齬が生じやすくなります。
また、えこひいきに対して妬みを持つ弟子と親方との関係にも齟齬が生じやすくなります。
まず、これがパワハラを生み出す源泉が立ち現れるときに、えこひいきが作用するプロセスです。

 

えこひいきしないことが集団内にパワハラが蔓延しない秘訣です

一旦、関係に齟齬が生じると、優位な立場にある人が権力的な言動を強めていきます。
この段階でも、えこひいきが続けられているようですと、権力的な言動に拍車がかかり、受けてにとっては、それがパワハラを受けているという感情に変わってくるのです。
パワハラを生み出す源泉は、えこひいきだけではありません。
しかし、えこひいきもパワハラを生み出すプロセスで大きな要素になっているということは、管理者の方や、親方的な立場にある方は是非、理解しておいて欲しいと思います。
本来は、上に立つ人間は、すべて人を公平にそして平等に扱うのが基本です。
それが理想であるということもわかります。
ただ、少なくともえこひいきが、部下にわからないように配慮するべきなのです。

Sponsord Link