パワハラ 調査

Sponsord Link


企業に期待されるパワハラを調査する社内の仕組みづくり

企業にとってパワハラ防止は、重要な経営課題の一つであることは何度も指摘してきました。
大手企業では、コンプライアンスの延長としてパワハラ防止に取り組んだり、また専任のセクションを配置したりしいます。
こうした背景には、パワハラは不法行為であるという認識が一般化したことがあります。

 

大手を中心に進む社内のパワハラ調査

一方、パワハラを判断することは実は難しい面があります。
被害者が肉体的、精神的な苦痛を受けたことが証明されなければなりませんが、精神的苦痛は、被害者の意識に負うところが大きいため、例えば上司の言動と精神的苦痛に因果関係があることが求められます。
このため大手企業では社内で調査するなどの取り組みを進めています。

 

外部に委託した調査でパワハラの紛争拡大を阻止

また、社内にパワハラなどコンプライアンスを監視したり調査したりするセクションが配置されていない企業の場合は、外部に調査を委託することになります。
それでは、パワハラに対して予防も解決策も取らない意識の引く会社の場合はどうでしょうか。
被害者が労働基準監督署に相談し、パワハラの疑いがあるようでは労働基準監督署が調査に入ることになります。
つまり行政が強制的に介入してくることになりますので、出来れば、社内で解決できる仕組みや調査ができるようにしておくことが企業にとっても、紛争を大きくしなくて済む解決策になります。

 

パワハラに対応した調査機能の整備は企業の責任に

結論として会社としては、パワハラの相談窓口、そして相談を受けた後に事実を確認するための調査機能を社内に整備しておくことが強く求められているということです。
働く人たちが気持ちよく働くことによって、企業は業績を伸ばすことができるのです。
そのためにもパワハラのない会社であることが理想ですし、いざパワハラが起きたときの対処の方法を社内に備えておくことが企業経営に欠かすことができない、そういう時代になっています。

Sponsord Link