パワハラ 懲戒処分

Sponsord Link


懲戒処分を理解することでパワハラに対する考えを深めましょう

社会人なら、懲戒処分という言葉を聞いたことがると思います。
職務上のミスや不法行為などについて、会社が社員を処罰的に処分することを言います。
気をつけておかなければならないことは、公務員と会社員では懲戒処分が異なることです。
公務員の場合は法的に規定されています。
会社員は場合は、会社が就業規則によって定めます。
このため会社員の場合は、会社が都合のよい処分規則を定めたり、または会社が恣意的に適用するなどのケースが見られ、たびたび労使間の紛争に発展するなどの事態が生じています。
今日的はパワハラの行為として懲戒処分を持ち出して、社員を威嚇したりリストラの理由付けにする事件も発生しています。

 

ブラック企業がパワハラとして行う懲戒処分は無効です

会社員の懲戒処分でもっとも厳しいの懲戒解雇です。
この他にも降格や停職、減給などあり、軽い処分では厳重注意や口頭注意などです。
ブラック企業などのでリストラの手段として用いられるのが停職や減給です。
ちょっとした業務上のミスでも、懲戒処分として減給するケースが見られます。
こうしたケースのほとんでは、減給された当事者は泣き寝入りしているのが現状です。
法的に懲戒処分を行うには、厳格な適用の手続きが必要ですので、経営者や上司の判断だけで、懲戒処分を行うことはできません。
ブラック企業で行われている懲戒処分は、労働契約法上はほとんどが無効であり、パワハラの域をでない不法な行為であると言えるでしょう。

 

パワハラで刑事罰を受けると最もの重たい懲戒処分になります

また、上司などのパワハラの行為者が、パワハラ行為を行うことによって懲戒処分を受けるケースもあります。
この場合も、もっとも厳しい懲戒解雇になることはほとんどありません。
パワハラの行為の態様にもよりますが大半が、もっとも重い処罰で降格や減給などの処分になります。
ただ、態様が著しい悪質で、刑事罰が確定するようでは懲戒解雇ということにもなります。

Sponsord Link