パワハラ 病気

Sponsord Link


パワハラでうつ病など病気になる被害が多く報告されています

仕事のストレスからうつ病などの精神疾患を患う方が増えており、ストレスは現代病の一つになっています。
そして、このストレスには軽微なパワハラも含まれているのです。
当事者はパワハラとは感じなくても、職場における人間関係から生じるストレスは、そのほとんどがパワハラを原因にしたものなのです。
もちろん、パワハラを感じることで精神的な病気へとつながることは多々あります。
ストレスとパワハラを区別するのではなく、実は同質のものであると認識しておくことも必要です。

 

多大な精神的苦痛を与えるパワハラは病気を引き起こす

さて、病気として顕在化するのはストレスよりもパワハラの方が圧倒的に多いです。
ストレスが積み重ねによって顕在化するのに比べて、パワハラは一気に病気が顕在化するためです。
それだけパワハラが精神に与えるダメージが大きいということです。
パワハラによる精神被害で一番多い病気がうつ病です。

 

パワハラを受けた後に急に病気になるケースが多発

こうした病気になって始めて、パワハラの被害の大きさを実感したという被害者の方は少なくありません。
パワハラを受けている時、つまり会社で仕事している時は、精神をなんとか保つことができるのですが、退職や休職に追い込まれて、自宅に居るようになって、精神的な病気が一気に押し寄せ、気がついたときにはうつ病だと診断された、というケースは本当に多いのです。

 

パワハラによる病気から身を守る仕組みが社会にあります

病気になってからでは遅いとよく言われます。この言葉ほど、パワハラ被害に当てはまる言葉はありません。
パワハラではないか、と感じた時点で相談するなどの対応を取ってください。
病気になってからでは遅いのです。
初期の段階ですぐに相談すれば、病気という大きな被害に遭わずに済むのです。
パワハラを受けたら、我慢しない、一人で立ち向かわない、このことを覚えておいてください。
社会には、パワハラから貴方を守るさまざまな仕組みと味方がいることを知っておいてほしいのです。

Sponsord Link