パワハラ 部下

Sponsord Link


パワハラのない職場では上司と部下との関係が極めて良好

パワハラがもっとも起こりやすいのが上司と部下との関係です。
パワハラの当事者にならないために上司は、部下とどのように向き合うのがよいのでしょう。
人と人の関係は多様で複雑ですので、一つのマニュアルを示すことは当然できません。
ただ、業務を遂行するためのマネジメントという点では、上司に求められる部下に対する姿勢というものが浮かび上がってきます。

 

上司が部下の話を丁寧に聞くことでパワハラは一掃できます

上司が部下に対する基本的な姿勢としては、すべての部下に対して同様に接するということです。
部下と接する時間やコミュニケーション量において、可能なかぎり均一になることを心がけることです。
特にマネジメントとして最も重要なのは、部下の話を丁寧に聞くということです。
キャリアコンサルティングや臨床心理でよく言われる傾聴を実践することが良好なマネジメントを行う上での基本です。
聞き上手の上司は、部下に信頼感を与えますので、こうした信頼関係が構築されるパワハラは影を潜めていきます。
ある程度の感情的な言動でも部下は、それを苦痛とは思わないのです。
こうした部下との信頼関係の構築がパワハラの当事者にならないためには不可欠なのです。

 

パワハラは部下との信頼関係の欠如を土壌にして生まれる

それでは、なかなか部下との信頼関係が築くことができない場合はどうすれば良いのでしょうか。
この場合は、まず余計なことは言わないことです。
業務上の指示は端的にわかりやすく相手に伝わるように努力してください。
プライベートや個人の価値観に関わる話題は極力さけるべきです。
そして部下から、プライベートや個人の価値観に関わる話しをされた場合は、否定せずに肯定しながら話を聞いてあげてください。
これを繰り返すことによって少しづつですが、信頼関係が生まれてきます。
上司は、パワハラは結局のところ信頼関係の欠如によって引き起こるということを肝に銘じておくべきでしょう。

Sponsord Link