パワハラ 病院

Sponsord Link


治療にとどまらずパワハラの被害緩和に病院の利用も

パワハラによる被害は身体的、精神的な苦痛になります。
傷害を受けたり、精神的苦痛が重篤化してうつ病などの精神疾患を患うことがあります。
こうした被害では病院との連携も必要になります。
特に重要なのは、精神的ダメージのケアと言われています。
パワハラを受け方のほとんどが、公的機関に相談することなく、最終的に退職や休職を選択することを余儀なくされています。
退職や休職に追い込まれた時点では、なんらかの精神的な疾患を患っていると考えられます。
自宅で引きこもって、再就職への意欲がわかないなどの症状がでてきます。
重い腰を上げて病院に行ってみるとうつ病と診断んされたりするケースは多いのです。

 

病院のメンタルヘルスケアを活用してパワハラの被害を予防

職場でおこるパワハラや、仕事上のストレスで精神的なダメージをケアするメンタルヘルスの重要性が強く認識されるようになっています。
労働関係の機関ではメンタルヘルスケアを積極的に社内に導入するように啓発を行っていますし、病院などの医療機関でもメンタルヘルスケアを取り入れて、働く人たちの心の健康をサポートしていますので、積極的に利用していただきたいと思います。
特に、パワハラによる精神的なダメージに対するケアでは、法的解決、行政的措置も含めた包括的な支援として、法律家、行政、医療機関が一体となった対応もまだまだ少ないものの進んできています。

 

パワハラの被害に対して包括的な支援を行う病院も

相談することなくパワハラで退職を余儀なくされて、病院に通うという被害に遭われた方は、通院する病院でもパワハラで受けた被害の救済措置などについても相談されるとよいでしょう。
法的な問題については、適切な機関や専門家を紹介してもらえますし、包括的にメンタルヘルスに取り組んでいる病院では、具体的な解決に向けた支援をおこなっていますので是非、相談してみてください。

Sponsord Link