パワハラ 防止策

Sponsord Link


パワハラの防止策は会社にとって重要な経営課題です

パワハラを放置しておくことは、会社にとって大きな損害を生むリスク要因を抱えることと同じことになります。
被害者からの損売賠償は、加害者ばかりでなく会社も使用者責任を問われたり、安全配慮義務違反を問われたりして請求されますので、パワハラ対策は会社にとっても重要なリスクマネジメントになっています。
またパワハラが横行するような職場では、適正な業務を遂行することはできません。
当然、会社の業績にも大きな影響を与えることになりますので、経営課題としても、その防止策は重要になっています。

 

防止策の策定と実施にはパワハラに詳しい専門家を入れる

会社が行うパワハラの防止策としては、管理職研修などの啓発的な事業の実施とパワハラ専門の相談窓口の設置といった組織的な対策があります。
いずれも会社内部で行うことも可能ですが、できるだけ外部の専門家を招いて、防止策を検討し実施することがより効果的です。
特にパワハラが発生する温床が企業風土にある場合は、社内だけでは、この温床に気づくことができません。
企業風土が温床になっていることは、外部の目を社内に入れることによって、発見できることなのです。
このため外部の専門家を招くことは、より効果的な防止策を図っていう上で、とても大切なのです。

 

定期的にパワハラをチェックすることで防止策の持続性を担保

さて、防止策を策定するのは、ある意味で簡単です。その防止策を持続的に実施していくことがパワハラの場合は、特に難しいのです。
外部の専門家を入れて防止策を策定し実施したものの、いつのまにか会社としてのモチベーションが下がってしまって防止策が形骸化するというケースは多々見られます。
持続的に防止策を実行してパワハラの温床を根絶するためには、専門家による定期的なチェックが欠かせません。
実施する、その効果を検証することで、防止策はよりよく効果を発揮することができるのです。

Sponsord Link