パワハラ 弁護士

Sponsord Link


パワハラを迅速に解決するには弁護士に依頼するのがベストです

弁護士は法律の専門家として、様々な場面で活躍する法のゼネラリストです。
パワハラなどの労働問題における法的は紛争から、刑事事件、民事事件に対応することができます。
パワハラはその被害の態様から、労働問題であったり、刑事事件であったり、さらに民事事件であったりと、法的な解決策は幾多に及びます。
このため、弁護士がパワハラの問題解決にあたることが増えてきました。

 

弁護士はパワハラの問題を判断して適切に法的手続きを行います

パワハラを感じたときには、すぐに公的機関などに相談することが、被害を大きくしなくて済むコツですが、すでに精神的、身体的ダメージを受けた時には、弁護士に相談するのがよいと思います。
その被害が、上司または会社との関係悪化ならば、労働委員会などへの調停か裁判のいずれかを弁護士は判断するでしょうし、身体的、精神的なダメージが被害として顕著な場合は警察への被害届や検察への刑事告発を、さらに民事事件として不法行為や債務不履行違反、そして安全配慮義務違反を法的根拠にして、加害者の上司や会社に対して損害賠償請求を行います。

 

パワハラの当事者間の仲裁も弁護士が行います

具体的な法的解決策を迅速に行うことが弁護士はできますので、弁護士に相談することでパワハラ問題を早く解決することができるのです。
被害が顕著でない軽微な被害であっても被害者の代理人として会社側と解決策を話しあって、さらに弁護士自らが当事者間を取り持って問題解決にあたりますので、被害者にとっては心強いものです。

 

依頼する前にまず弁護士に相談してみてください

こうした半面、訴訟や調停、仲裁を弁護士に依頼すると費用が発生します。
費用については弁護士事務所によって異なりますので、依頼する前にいくつかの弁護士事務所に相談という形で訪ねたらよいでしょう。
相談の場合は無料のとこもありますし、30分から1時間で1万円から5千円程度というところですので、まず相談してみることが大切です。

Sponsord Link