パワハラ 安全配慮義務違反

Sponsord Link


パワハラを放置して会社が安全配慮義務違反に問われるケースも

パワハラを職場からなくすことや、その防止策と対応策をしっかりと制度化することは今日的な企業の社会的責任になっています。
また同時に、経営の健全化としてパワハラ対策は、経営者にとって最重要視する経営課題の一つです。
パワハラを見逃していた、または防止の対策や対応策を制度化していなかったために安全配慮義務違反で、多大の損害賠償金を請求されるケースも増えていますので、経営者にとってはパワハラ対策は、まさに企業のリスクマネジメントに不可欠なものになっていると言えるでしょう。

 

パワハラによる精神的ダメージにも安全配慮義務違反を適用

この安全配慮義務違反というのは、特に最近クローズアップされるようになりました。
経営者や企業の安全配慮義務違反を認めた裁判例がマスコミなどで報道されていますので、お耳にされた方も多いと思います。
安全配慮義務を簡単に説明すると、会社は社員が安全に仕事ができる環境や仕組みをしっかりと整備しなければならないという義務を定めたものです。
歴史的には、炭鉱労働者や危険をともなう環境や業務に従事する労働者の安全確保を会社や義務つけたものでしたが、今日的には身体の安全確保にとどまらず精神的な面の安全確保も安全配慮義務であると解釈されています。

 

安全配慮義務違反を犯さないためにパワハラの防止策を

事例としては、職場でパワハラが恒常的に行われているにも関わらず、会社が予防や解決に向けた対応を講じない場合に、会社が安全配慮義務違反に問われることになります。
パワハラを行っていた上司が、管理者として直接安全義務違反に問われることはありません。
あくまで会社に対する義務違反なのです。
この安全配慮義務違反で訴えられて会社が敗訴すると、損害賠償を支払うことになります。
会社に求める安全配慮義務は今日的には、パワハラ防止や解決義務も、その範囲とされていますので、しっかりと企業義務を守ることが健全経営には欠かせません。

Sponsord Link