パワハラ 事例

Sponsord Link


賢明な管理職の方は事例を学ぶことでパワハラを回避しています

社会問題として広く認知されるパワハラですが、それでは具体的にどのような事例が報告されているのでしょうか。
厚生労働省では、報告された事例からパワハラ行為を6パターンに類型化しています。
まず傷害や暴行などの身体的な攻撃です。
続いて、脅迫や暴言、侮辱、名誉毀損といった精神的な攻撃、村八分にするなどの仲間はずしという人間関係の切り離し、無理難題の業務を命じる過大な要求、程度の低い仕事を命じる過小な要求、そして仕事に関係ないプライベートな部分に踏み込んでくる個の侵害ということになります。

 

多くの事例が示す認識のないパワハラ

6つのパターンの中で特に多いのが精神的な攻撃と個の侵害です。
脅迫は別にしても暴言というのは、言葉を発した者と受け手との捉え方の違いがクローズアップされます。
発した本人は悪気でなかったものの、受け手は精神的なダメージを受けたということが多々あります。
この事例では、言葉の発信者はパワハラであることに気づかずに同じことを繰り返してしまい最後には、受け手のダメージが回復不可能になって、パワハラ事件として立ち現れことになります。

 

個の侵害の事例ではパワハラと認識しない上司が大半

また、プライベートと業務の区別がつかない上司によく見られるのが、個の侵害です。
この事例でも上司はパワハラであるとまったく認識していません。
この認識の欠如が個の侵害を恒常化させ、被害者に大きなダメージを与えることになります。
例えば、休日に上司が自宅に部下を招くケースで、休日に上司の自宅に行くことを命令的に部下に押し付ける場合に個の侵害が発生します。
上司にすれば、友好な関係づくりを目的に自宅に招いたのでしょうが、部下が断りきれないような命令的口調や雰囲気をつくったりするようでは、これは個の侵害にあたります。

 

管理職の方は事例をとおして自身を厳しくチェック

このように、加害者が認識しないパワハラが実に多く発生しています。
管理職にある方は、パワハラの事例を学ぶとともに、自身の言動や行動が6つのパターンに当てはまらないのかを厳しく自身でチェックすることで、パワハラの加害者にならないように注意していただきたいと思います。

Sponsord Link