パワハラ 意味

Sponsord Link


職場問題を社会の関心事へと引き上げたパワハラの持つ大きな意味

すっかり日常用語として定着したパワハラですが、その意味を理解してる方はそんなに多くはないというのが現状です。
ご存知のとおりパワハラは、パワーハラスメントの略語です。
職場での上司などの嫌がらせのことを指す言葉であることは、誰でも知っていることと思います。
しかし、このパワハラが日常用語として定着したことは、日本の雇用や職場環境を見る上で、とても大きな意味を持っているのです。

 

パワハラの歴史的社会的な意味とは

パワハラが一般的に認識されるようなったのは、1990年代に入ってからですので、そんなに昔から使われてきた言葉ではありません。
しかし、職場における上司の嫌がらせということは、1990年代以降に始まったものではありません。
ずっと以前から、職場における上司からの嫌がらせということは健在化していたのです。
なぜ、急に上司による嫌がらせが社会問題化したのでしょう。
このパワハラに先行して社会問題となったのがセクハラです。
パワハラの意味を理解するために、このセクハラの歴史的背景を理解することも大切なのです。

 

セクハラとパワハラの持つ歴史的な意味は同質

セクハラ自体も、以前から職場において健在化していた問題でした。
男女雇用均等法によって、職場における女性の在り方が問われるようになって、セクハラが社会問題として取り上げられるようになりました。
そして、セクハラの延長線として、女性だけでなく男性においても職場でハラスメントが行われていることがクローズアップされたのです。

 

パワハラが問題定義した本来的は意味とは

セクハラによって社会問題化した職場の嫌がらせが、女性の問題にとどまらず男性も含めた職場内の問題として、社会問題化したということこそが、パワハラの大きな意味ではないでしょうか。
今日では、パワハラはセクハラも含めた社会問題として、一般的に広く認識されるようになっています。
職場における健全な人間関係の構築を職場だけに任せるのではなくて、社会全体の問題として、防止と解決を図ろうとすることが、パワハラという問題提起の持つ本来的な意味なのです。

Sponsord Link